2005年 10月 10日 ( 1 )

奈良

e0079287_13384838.jpg上の写真、唐招提寺です。ありえません、あとかたもなくその場からなくなっていました。ただ今修理中とのこと。そこに「でん!」と建てられているのは大きなプレハブ。拝観料は普通にとるんですよ、まったく。「えー、こんなことってあるの~」と驚く声が周りからも多くあがっていました。

プレハブの中で見られるのは、唐招提寺の土台と思われる土と、復元中のスライド。私は東山魁偉の襖絵が見たかったんですけどねぇ。でもこれは年に1回、6月に1週間ほど公開しているらしく、唐招提寺の修理に関係なく、今行っても見られなかったんだけど。でもプレハブはねぇ。
e0079287_13434527.jpg
下の写真は「飛鳥の蘇」という食べ物。昔むかし、1リットルの牛乳を、ごくごく弱火で焦げないように、何日もかけて煮詰めていって、小さなチーズ状の食べ物にしていたそうな。それを奈良の牧場が再現したそうな。小さな石鹸くらいの大きさで1000円です。ちょっと高めのチーズっていう感じかしら。チーズのような発酵したような味はせず、あくまでも煮詰めた牛乳ていう味。中身の写真を載せるべきでしたね。デジカメの電池がなくなっちゃって。

この「蘇」という食べ物。最近読んだ宮本輝の小説に出てきたばっかり。だから奈良でこの「蘇」を見て「お~!」となんだか運命のようなものを感じてしまいました。宮本輝も食べたんだろうか、この蘇を。それとも、歴史上の食べ物として書いただけなんだろうか。奈良で蘇を買ったってことを宮本輝に知らせたい。
[PR]
by kaoriscafe | 2005-10-10 13:35 | 京都あれこれ