カテゴリ:2008 イタリア(フィレンツェ)( 11 )

中央市場のハム&チーズ屋さん(フィレンツェ)

フリースの上にナイロンのシャカシャカ素材のもので覆われている上着(ユニクロで購入)を職場の防寒用に来てるんですけどね、何故かシャカシャカのナイロン素材から毛玉が出てきてるんですよぉ~。

普通シャカシャカ素材に毛玉って出来ます???

それを見たギャル子、
「なんでそこから毛玉が出るんだよ。コンクリから生える雑草みたいじゃねぇかよ」と。

いつも例えがウマいなぁ~と感心しますなぁ。


ウマいといえば、フィレンツェで買ったパルメザンチーズもウマかったです。
買ったのは中央市場にあるBaroni Alimentariというお店。
e0079287_192929100.jpg
店員さんもとても感じがいいです。
好きなだけ味見をさせてくれるし、500グラムや1キロ買っても100グラムずつ真空パックにしてくれたりします。

真空パックの生ハムはまだ未開封。
いつ開けましょっかね~。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-02-21 19:31 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

今年のバレンタイン&イタリアのパネトーネ

バレンタインの日、ギャル子がイケメン警備員さんにチョコをあげたいけど一人じゃあげられないというので、私もキットカットを1箱買ってあげました。

あげ方は、、、
帰り際に「はい、どうぞ」と手渡すだけという中学生のようなあげ方。
会話は何もありませんでした。

他の人から「連絡先とか書いて入れておいたの?」と聞かれていたギャル子、
「入れてないよ」と。

「え、私 自分の連絡先入れといたよ」と言ったら、真剣に驚いた顔してました。

あまりに驚いた顔をするので、すぐに「ウソだよ」と言ったら
「こいつ、マジこえぇ~よ」と怒ってました。
「裏で計算してコソコソ何かするタイプだろ」と、すっかり疑われてしまいました。

義理チョコという習慣がない職場なため、私が他人のために買ったチョコはこのキットカットのみです。


甘いものつながりということで、イタリアで買ったパネトーネの写真でも
e0079287_1034495.jpg
左は下のジェラートを食べたチョコ屋さんで買ったもので15ユーロ。高いです。
フィレンツェ滞在中に毎日のようにこのお店に寄って、買おうかどうしようか悩み、その都度店員さんに値段を聞いていたのですが、人によって18ユーロと言ったり15ユーロと言ったりさまざまでした。
とりあえず15ユーロと言われた日に買いました。

右はスーパーで2ユーロ

どちらも重さは1キロ。

パネトーネはパネトーネ菌という酵母でじっくりゆっくり作ったものは、日持ちも長いんですって。
2月半ばまでかけて、これ全部一人で食べきりました(誰かにあげればいいじゃん・・・)。

左の高いほうが生地がしっとりしてました。でも中にアイシングのような砂糖の塊がところどころに散りばめられていて、あまりの甘さに喉が痛くなりました。

右の2ユーロのパネトーネでもしっとりしていて充分美味しいです。

色んなお店のを試してみたかったな~。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-02-20 08:53 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

イタリアのジェラート

バレンタインも終わりましたが、、、沢山のチョコ売り場を見て、ふと思い出したこと。

カカオの産地のアフリカでは沢山の子ども達がカカオ農園で奴隷のように働かされているということがちょっと前に話題にされていましたよね(数年前か?)。
チョコを食べたこともなければ、自分達がどのような作物の農園で働いているのかも分かっていない、とか。

それに関連してというわけではありませんが、最近の中国製品問題、、、

食品だけに限らず、中国で作られたものは「怪しい」「危険」と言われていますが、
よくドキュメンタリー番組なんかで、中国の若い子達が親元を離れて出稼ぎに出て
毎日10時間以上必死に働いて、稼いだお金を「両親に送ってるんです」
て笑顔で話していましてね。

そういう番組に出てくる子達は、安い賃金で働いているのに「両親に送ってるんです」
ていう顔はステキな笑顔なんですよ。

偉いなぁ、私にはそういう細胞が備わってないんだなぁ、といつも思いながら見ておりました。

中国製品がどーのこーのと言われるたびに、ああいう子達が仕事を失ったりしているのかなぁ、と思ったり。

「これ撒いておくと、ハエがたからないんだぜ」
「なんだなんだ、すごいなぁ。こっちにも貸してくれ」
て感じでよく分からずに薬品を使ってるんじゃないでしょうかねぇ。

世の中、うまく回りませんね。。。
拒絶するだけじゃなくて、「教える」とか出来ないもんでしょうかねぇ。

「日本に産まれてよかったね♪」なんて言っちゃえば、
こういう話題もサラリと終われちゃうんですよね・・・。


なんの話題だか分からないくらい長い前置きですが、、、
イタリア旅行ネタ、まだ続いてます。
イタリア人といえば、チョコが大好き♡ 「VESTRI」ていうチョコ屋さんで食べたジェラート、美味しかったです。
e0079287_1041759.jpg
チョコ屋さんだけどチョコは買ってません・・・。
チョコ屋さんだからか、やっぱりチョコ系の味が美味しかったです。
イタリア人って冬だろうが関係なくジェラートを食べてるんですよねぇ。

イタリアの冬はすごく乾燥しているのか、私も喉が渇いて仕方がなく、ジェラートも美味しく頂きました。
冬は冷たい物をあまり口にしないほうなんですが、旅行中は冷たいコーラとか欲したり。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-02-15 08:52 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

シエナ

チョコ売り場、覗きまくりました。
1枚1000円の板チョコを2枚買いました。自分用です、もちろん。
マルコリーニなどの高級チョコはベルギーで買ってきてもらう値段の安さを思うと、とても日本で買う気になりませんでした。ファビちゃん、またベルギーから来ないかな~。
チョコ売り場で試食のチョコをさささっと隠されたりすると「もう買わない」て思いますね、ええ。

あ、あとバレンタイン限定のシュトーレンを買いました。シニフィアン・シニフィエのシュトーレンなんですけどね、1つ3600円ですよぉぉぉぉぉ。
高いです、高すぎます。
でも先日ここのパンを食べてみて、もう感動したもんで。
美味しいです。すごく不便な場所にあるけれど、足を伸ばしてでも買いに行きたいです。
でも売ってるパンも高いです。あまりに高いからか、1枚だけスライスして売ったりもしてくれますけどね。でも小さなパンを2枚スライスしてもらって210円ですよ。。。


一応フィレンツェ紀行、まだ続いてます・・・。

フィレンツェに行く前から色んな人から「シエナはいいよぉ~」と言われていたのですが、これからフィレンツェに行こうとしている方!
「シエナはいいよぉ~」

e0079287_10551019.jpg
e0079287_10552011.jpg
フィレンツェから高速バスで50分くらいです。往復チケットを買っても10ユーロくらいだったような・・・。(値段は忘れてしまいました)

フィレンツェが日本でいう京都ならば、シエナは奈良みたいなところと言われているみたいです。
イメージ湧きました?
フィレンツェは小さい街ながらもちょっとワサワサしたところもあるのですが、シエナはほんとにひっそりしていて、でもそれでいてオシャレな歴史ある街という感じです。
美味しそうなレストランやパン屋さん、ハム屋さんも沢山あって「シエナで1泊すればよかったなぁ」と思いました。

中央がへこんだカンポ広場を中心に街が広がっています。
e0079287_10584778.jpg
e0079287_1105014.jpg
シエナではパリオと呼ばれる馬のレースが有名なのですが、この日はこの広場が人で溢れかえるみたいですよ。「ありゃ行くもんじゃない、テレビで見るもんだ」て思うくらいの混雑っぷりだそうです。

シエナで有名なお菓子、パンフォルテ。1つ買ったよ。まだ食べてないけど・・・。
e0079287_1145172.jpg
開封したら、またお見せします。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-02-13 08:51 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

イタリアのスーパー

月曜からなんだか熱っぽいですし、そうかと思えば仕事では踏んだり蹴ったりですし・・・。


通勤電車の中でディズニーランドの「スタッフ募集!」の面接会の広告を見かけました。
そういえば受けましたねぇ、大学生の頃。もう10年以上前ですよ。
覚えてる?あなたよ、あなた。あなたは実際に夢の国で働いたから覚えてるわね。

面接会場はディズニーランド界隈のどこかのホテルのホールだったような。
ミッキーや色んなキャラクターたちが陽気に踊るちょっぴり浮かれた面接会でした。

朝の10時頃に面接会場に着き「あなたの順番は夕方4時頃です」と言われたのがショッキングでした。

せっかく来たんだから4時まで待ちますかい と思ったものの、ホテルランチの値段の相場も知らないお年頃だったために、どこのレストランも「ランチビュッフェ3000円」なんて書かれているのにも度肝を抜かれました。
仕事探しに来たのに3000円の出費かい!と。

まだ素朴だった大学生はホテルのパン屋さんでパンを買って、ベンチで食べましたとさ。

結局「遠いよ・・・」てことでワタクシは働きませんでした・・・。


いくつになってもディズニーランドは夢の国ですよね~。

でも今の私には外国のスーパーも同じように夢の国♪
イタリアのスーパーも楽しゅうございました。
ベシャメルソースのパックが売られていたり、、、
e0079287_8435813.jpg
ポルチーニソースのパックも♪
e0079287_8445271.jpg
買ってないけどね・・・。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-01-31 08:45 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

チョコラータ(イタリア)

リスさん!昨日の「今日の料理」に金蔵さんが出てましたね!
動く金蔵さん、初めて見ました。
(金蔵さんとは京都で有名なお菓子のお店「オ・グルニエ・ドール」のパティシエさんです)

バレンタイン前だからか、昨日テレビで作っていたのはチョコレートでした。

チョコレートぷらすショコラショー(ココアより濃い感じのチョコレートドリンク)が出ていたのですが、テレビで表示されたショコラショーのカロリーを見てビックリ!!!
デミタスカップのような小さなカップに入っていたのに530kcalですってよ~~~~。

怖い、怖すぎる。。。
イタリアで飲んできちゃったのに・・・
e0079287_11373155.jpg
ショコラショーっていうのはフランスバージョンで、イタリアではチョコラータ。

以前イタリアで飲んだ時は、割とミルク(生クリームか???)たっぷりのクリーミーバージョンでマグカップのような大きな入れ物で出てきましたが、今回飲んだのはビターなお味。ビターチョコをただ溶かしただけのような飲み物。

チョコレートはビターが好きなので、今回は「絶対にビターなチョコラータを飲むぞ!」とカフェに入っては他の人が飲んでるカップを覗き込んで色を確かめてたんですけどね。

このチョコラータは美味しかったです。
「こんなにチョコレートを飲むの~?」なんてビックリしちゃいそうですが、ビターなお味だと割りと飲めちゃいます。
さすがに1カップぺろり、とは言いませんが5分の3くらいまでは普通に減っていきます。
でもコーヒーや紅茶と違って1日に2杯は飲めません。
飲んだら顔がぶつぶつになっちゃいます。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-01-25 12:10 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

イタリアのオシャレ

昨日は寒かったですねぇ。
外で待ち合わせをしていても2分と立っていられませんでした。

昨日は食べたい食べたいと思っていた「あんこう鍋」を食べに行きました。
行ったのは 『東京 あんこう鍋』 でググったら1番に出てくるお店。

感想は、、、
「他のお店に行けばよかったぁ」て感じでした。
残念です。

ということで、昨晩の食事が尾を引いて「口直しをしたいモード」です。
美味しいケーキでも買って帰りましょうかね~。


イタリア情報、今日はコメント少なめで写真のみで。

イタリアで見かけたタイル↓ こういうオシャレさを見ちゃうとイタリアに惚れちゃうんだな~。
e0079287_1122065.jpg
e0079287_112313.jpg

私の憧れ ポメラート ↓
e0079287_1141048.jpg
以前ローマでお店を探して走り回りましたが、今回ぶら~っとフィレンツェを歩いてたら出くわしました。
と言っても、ちゃんとしたアクセサリーを買ったことはありません・・・。
持っているのはカジュアルな「DoDoシリーズ」のペンダントのみ。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-01-24 12:06 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

サンタマリアノヴェッラ薬局(フィレンツェ)

ギャル子ちゃんが週末にまたパウンドケーキを焼いたと持ってきてくれました。
今回はリンゴ・クルミパウンドです。ラム酒も入れたみたいです。
美味しいです。

最近職場にいる警備員さんのことがお気に入りなギャル子ちゃん、「パウンドケーキあげちゃいなよ」と言っても恥ずかしがっちゃって持って行きません。
「んじゃ私が “作ったんです♡” て持ってっちゃお」と言ったら
「なんで邪魔するの!」と怒ってました。



フィレンツェを訪れる観光客には人気のお店サンタマリアノヴェッラ薬局
e0079287_1221884.jpg
こちらのサイトに書かれている情報によると
「歴史あるサンタ・マリア・ノヴェッラ教会を運営するカトリックでも最も古い宗派のひとる、ドミニコ修道会の教義、癒しの実践として生まれた」
「香の芸術と称されるフレグランス、秘伝のレシピで作り続けられる癒しの芸術品。その多くはヨーロッパの歴史とともに歩み、メディチ家、ナポレオン、王侯貴族・・・現代でも多くの作家、俳優など著名人に愛されてきました」とのこと。

上の写真はエントランスですが、このお店を目指して歩いている人じゃなければ絶対に入ることはない入り口です。
「あ、ステキなお店がある。入ってみようか」なんて知らない人が足を踏み入れることは200%ありえないでしょう。

入り口はオフィスか住宅にしか見えません。

e0079287_1223857.jpg
e0079287_12231894.jpg
e0079287_12232893.jpg
e0079287_12233943.jpg

銀座に路面店があるので、値段をチェックしてから行ったのですが、フィレンツェのこの本店が特別安いということもなく・・・。
何も買いませんでした。

入り口にフロアガイドみたいな図があって、それによると部屋がいくつもあってかなり広いお店のようなのですが、開かれているのは入ってすぐのエリアだけ。

たまたま常連さんのような人がやってきて、隣の部屋に入っていったので、ついでに私も潜り込みましたが、知らなかったら他の部屋に入ることもないでしょう。

とってもステキな店内ですが、「売る気」というのはこれっぽっちも感じないお店です。

陳列してある商品には値札がついていません。
値段リストみたいなのを見て、自分でチェックしないといけません。
(このシステムは銀座の路面店も同様)

最初から買う気のない私にとっては、ウインドーショッピングをするにも気が引けるお店です。

三ツ星レストランってこんな感じなんでしょうかね。
お客さんのほうが緊張して仕方がないというか。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-01-22 12:28 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

イタリアのカフェ(夜)

コーヒーは苦手でブラックでは飲めない私が、ネスプレッソのコーヒーマシーンを手に入れました。
牛乳たっぷりのコーヒーはく飲めるので、家で美味しいカプチーノを飲むためのものです。
家で美味しいカプチーノが飲めるって幸せ~~~。

・・・紅茶&お茶派なので、基本的に朝は紅茶、夜はお茶です。

ええ、ネスプレッソは私にとってはただの贅沢品です。

いいんです、もう。
2ヶ月ほど前に一人暮らしの私を見かねた両親が「マンション買え(買ってやる)」
と言うもんでね。
・・・そういう甘いこと言ってるから子供がダメになるのよ、、、と思ったので代わりにネスプレッソを買ってもらったというわけで。
まぁ親の気持ちも複雑でしょうなぁ。
なんだか特に欲しいモノもなくてね、バーゲンも一度も見に行ってませんよ。欲しいモノと言って浮かぶのは常に食料品ですわ。
あ、すんごい暖かくて乾燥しない暖房器具があったら欲しいなぁ~。

デパ地下はこの時期にバーゲンやらないんですか・・・?


またまた長い前置きになってしまいましたが、フィレンツェのカフェ(or Bar)は夕方は飲み物を頼むと軽いおつまみが食べ放題です(フィレンツェだけじゃないかもしれませんが)。

お店によってはカナッペみたいなのが2種類くらい置いてあるだけだったりしますが、泊まっていたB&Bの近くにあるカフェではこんなに色んな種類の食べ物が!
e0079287_11512715.jpg
6ユーロで飲み物1杯とこの食べ放題。グラスワインもなみなみ注いでくれるし、ビールも大きなグラスに入れてくれるし。なんてお得!
(ジュースもOKよ♪)

食べ物の種類が少ないカフェなんかは5ユーロでした。
だいたいどこのお店も5~6ユーロなんでしょうかね。

「お昼食べ過ぎちゃったから軽~く済ませたいわ~」なんて時にお勧めです。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-01-18 12:02 | 2008 イタリア(フィレンツェ)

フィレンツェ 1月6日公現祭

昨日の夕方、ギャル子が鞄からラップにくるまれたものを取り出してモグモグ食べ始めました。
チラリと見たら
ギャル子・・・「なんだよ、すげぇマジぃんだよ」
私・・・「作ったの?」
ギャル子・・・「そう。マジぃんだよ」
私・・・「バナナケーキとか・・・?」
ギャル子・・・「そう。あ、でもホームベーカリーでな」

ギャル子ちゃん、実家からホームベーカリーを持って来ているそう。
一口もらったらなかなか美味しい。おうちで作る素朴なパウンドケーキの味。
「え~、美味しいじゃん。こういう味好きよ♡」と言ったら「じゃ、明日持ってくるね♪」と言われたけど、持ってきてくれませんでした。。。

「バナナケーキは?」と聞いたら「忘れたよ」とのことですが、今度違うモノを作って持ってきてくれるとのこと。楽しみです。
「ベーグル作りたいな~」「フランスパンも作りたいな~」「酵母も起こしてみたいなぁ~」
となかなかヤル気があるらしい。
楽しみです。


前置きが長くなりましたが、イタリアの続き。
1月6日はEpifania(エピファニーア)=御公現祭と呼ばれ、キリストの誕生を祝って東方から3人の魔法使いの王様がお祝いをもってやってきて、キリストの誕生が公になったと。

この日の前夜にポロボロの服と靴下を着た魔女のLa Befana(ラ・ベファーナ)が箒に乗ってやってきて、良い子にはお菓子を、悪い子には炭をもってくるといわれているらしい。
墨に見立てた真っ黒なお菓子なんかも売られてます。

イタリアでは昔はクリスマスにプレゼントをもらう習慣はなく、このエピファニーアの日に靴下をぶらさげてプレゼントをもらっていたんですと。
今ではクリスマスの日にプレゼントをもらっているみたいですが。
でも1月6日にも靴下をぶら下げてプレゼントをもらうみたいですよ。
この日のための靴下がスーパーなんかで沢山売られてましたし。

ということでフィレンツェの街はお祭りが。
e0079287_1163238.jpg

e0079287_1164472.jpg
仮装をした人達が賑やかな音楽とともに街を練り歩いてました。
厳かな衣装に身を包みながらも、時々休憩なのか道の端っこに固まって煙草をプカプカしている姿がおかしかったり・・・。

教会では子ども達が歌ったり・・・
e0079287_11143993.jpg

お菓子屋さんではお菓子と並んでベファーナの人形が置かれていたり(見えます・・・?)
e0079287_11153084.jpg


新年明けてからも街中はクリスマスの飾りが残ってましたが、この日でクリスマスのお祭りも最後ということで、クリスマスツリーや飾り付けも片付けられてました。
[PR]
by kaoriscafe | 2008-01-17 11:55 | 2008 イタリア(フィレンツェ)