カテゴリ:2007 イタリア( 14 )

カカオパスタ

このままブログの存在を忘れてしまいそうな気もしたり・・・。

日帰り尾瀬に行ってきました。「尾瀬初雪です」と書かれていました。
ええ、もう震えましたよ。この週末で山小屋は全て閉まってしまいました。
ダウン・フリース・雨具(ゴアテックス)全てを着たけれど肩が凝るほど震えました。
バスを降りた瞬間に「ひえ~」て感じです。
陽が出るまで、半分オープンエアーな山小屋で時間を潰すのも辛くて辛くて。

晴れたんですけどね、でも朝の冷え込みはなめちゃいけません。

教訓・・・冬の山に行くのは太る。

ちょこちょこ休憩したくなるしね、その度にお汁粉食べたりココア飲んだりしちゃうからね。
あんまり行っちゃいけません。


昨日は創立記念日で休みだったんですけど、「X」の再結成のイベントに行ったかたいらっしゃいます?

週末にギャル子に「行こうよぉ」と言われてましてね、昨日の夕方「お台場で待ってんだけど」とメールが来ましたよ。もちろん私は行ってませんけど。

今朝も「待ってたんだよ」と言ってきたので
「いや、行ったんだけどさ、他の仲間と久しぶりの集いがあったからさぁ」と答えたら、
「あんた、そんなになんでも返せるようにならなくていいよ」と言われてしまいました・・・。

せっかく返してるのに、この言われよう・・・。


相変わらず写真が何もないので、イタリアで食べたパスタの写真でも引きずってみます。
e0079287_11464093.jpg

この写真とは関係ないんですけど、ローマで「カカオパスタ」というのを買いました。
よくイカ墨の黒いパスタは日本でも売られてますけど、同じ黒でも「カカオ」と書いてあるものをチラチラ見かけたので、気になって1袋だけ購入。

他にもどんな味がするのか分からない水色のパスタとか色々あったんですけどね。
水色のパスタは、茹でると子供の縄跳びの色になるみたいですよん。

で、買ってみたカカオのパスタ、何で味付けしたらいいんでしょうと思っていたら、一緒に行った従姉妹が持ってる「本格的なパスタの本」というのに「カカオのラザニア」ていうのが載ってたよ、と教えてくれました。


【カカオのラザニアの作り方】

(1)まず、野うさぎをさばく。 ←いきなりやる気をなくす出だしです。

(2)ソースは、赤ワインビネガー、チョコレート、カラメル、レーズン、レモンピール・・・・・


・・・・・・・、
ということで、カカオパスタの使い方をご存知の方はご連絡下さい。

「イタリアに住んでいたという人」とか
「イタリア料理のお店で働いている店員」に聞いてみても、
意外とご存知ないようで。

結局、従姉妹からは「エビちゃんとでも合わせたら?」と言われております。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-10-23 12:14 | 2007 イタリア

イタリアの男性

さてとっ、、、
今日は晴れてますしっ
気分を切り替えて行きたいとこですな。

パソコン上である程度の個人情報を入力する時、都道府県や生年月日なんかは自分で入力するのではなく、カーソルで選択するようになってますがっっっ、

都道府県が「東京」や、端っこの「北海道」に合わさっているのは分かる。

けど、

何故に毎回こんないグイっとカーソルを戻さないといけないのだよ、
生年月日の西暦!


イタリアの子ども達。キュートです。
e0079287_1205772.jpg

イタリアの男性、何歳くらいから女好きな軽い人になるのでしょうか。
よくジローラモが「ホントにシャイだった」とか言ってますけど、今の彼を見ているとどんなに「シャイだった」と言っても、日本人のソレとは違うはず。

そんな男性に常にちやほやされているからか、イタリア女性の感じの悪いこと。
男性には優しいのかもしれませんけどね、アジアの女性にはそりゃもう冷たいです。
お店で商品を見ていても「ど~んと、たぁっち~」と必ず無愛想な声で言ってきます。

これっぽっちも触っていないし、もう一度この無愛想な声を聞きたくはないから触るつもりもないのに、商品を見ている限り言い続けてくるし。

子供の頃はこんなに可愛い男性も、大人になると「インチキ臭い」もしくは「マフィアですか?」という風貌の怪しい男性しかいないような。

ノリがいい = インチキ臭いイタリア男性
スーツ姿でクールに決めてる = マフィアに見える

↑このどちらかでしかないような。
スーツ姿が決まっていても「バリバリのビジネスマン」には見えないのですよ。
e0079287_12112924.jpg
e0079287_12113954.jpg

e0079287_121339.jpg
フランス人やイギリス人がこうやってサングラスをかけていても、そんなに悪い人には見えないはず・・・。

でもそんなコワいおじさん達も、甘い物が好きみたい♡
e0079287_1215479.jpg

[PR]
by kaoriscafe | 2007-10-04 12:18 | 2007 イタリア

ローマの食べ物

ここ最近、職場でメールを沢山受け取る時期なのですが、
「○○です(←名字)、*******して下さい」
の一言だけで送ってくる人が多く。

何者じゃ!
フルネームを書け!
所属も書け!

メールをいちいち返信して問い合わせないと、誰なのかも分からない。

そういうお問い合わせの仕方は、天皇か総理大臣にでもなってからにしてください。


全く関係ありませんが、沢尻エ○カは何をしちゃったんですか・・・?



まだへこんでます。
そんな私を見てギャル子が楽しんでます。

私: 「何か面白いこと言ってちょうだい」
ギャル子: 「なんだよ、言えねぇよ」
私: 「何か言ってよ。“かおださいさだおか”とかさぁ」
ギャル子: 「かおださいさだおか・・・、 おぉ、いいねぇ、それ。あんたそんなことばっかり考えてんの?力入れるとこ間違ってるよ」 
   (私が考えてるんじゃないっすよ。回文の世界じゃ教科書的文章だよ・・・)

『スブタつくりモリモリくったブス』っていうのもありまっせ。


イタリア、そろそろ終わりましょっかね。(あと1~2回で)
ローマでは「美味しい!」というものに出会ってないので、食べ物ネタはございません。
母がぐったりだったので、ホテル廻りのレストランで毎食済ませていました。

私よりも元気なんじゃないか?というくらいフットワークの軽い母なんですけどね、やっぱり年なのでしょうか。一度ぐったりしてしまうと、なかなか回復しませんでした。
無理をしちゃいけない年齢ってことですね。

ということで、ローマの街角で見かけたオシャレなサンドイッチでも。
e0079287_1261478.jpg
この挟み方、真似してみたいですな。
こんなオシャレな挟み方をしちゃうところが、やっぱりイタリア人ってステキです。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-10-02 12:16 | 2007 イタリア

ローマ 観光

ギャル子がいつものごとく「はぁ?なにぃ?」て感じなので、
「ちょっとへこみ気味だから優しくして」と言ったら
「はぁ?なんだよ、だりぃよ」と言われました。
「めんどくせぇ」と。

「じゃぁ、これ巻いてみる?元気出るかもよ」と言ってギャル子が首に巻いているヒョウ柄のスカーフを貸してくれました。
でも私のいでたちは黒いニットに黒いパンツだったので
「キャッツアイかよ」と言われました。

どうでもいいですね。。。


イタリアでぐったり気味だった母も「バチカン美術館だったら外歩かないし、行きたいねぇ」というのでホテルからタクシーでぴゅ~っと行きました。

以前行った時も、確か1時間以上は並んだのですが、この時もかなりの列が出来ていました。
せっかく体力温存のためにタクシーで来たのに、この強い日差しの中待ってたら、またくたばってしまうよと思ったので、「母だけ中で待たせてもらえませんこと?」とお伺いするために、母と従姉妹を列に残したまま入り口の係員の元へ走りました。

係員の男性「いいよ、いいよ、もちろんだ」と快いお返事。
ということでまた列の後方へ走り、今度は母を連れて(従姉妹だけ残して)美術館の入り口へ。
「ではでは失礼、母を中のベンチに座らせといて下さいまし」とお願いしに行ったら、その男性が「入っちゃっていいよ」と。

「いやいや、私は列に並びますので母を座らせておいて頂ければ」と言っても
係員: 「いいよ、いいよ、入っちゃいな」
私: 「でも従姉妹も列におりますし」
係員: 「全部で何人だ?」
私: 「3人よ」
係員: 「んじゃ従姉妹を呼んどいで」
私: 「ありがとう、ホントにありがとう」(では母を置いて従姉妹を呼びに・・・、と行きかけたら)
係員: 「入り口も混雑してるから、ちゃんとお母さんを分かるベンチに置いてから呼びにいきな」と。

なんて親切なんでしょう。

いい加減でイラっとすることも少なからずあるイタリアですが、この男性一人の判断でこういうことをしても、周りに文句を言う人なんていません。

日本だったらきっと母を中で待たせてはもらえても、私は列に戻らされたことでしょう。
もしくは「上に確認して・・・」なんて作業を踏むことでしょう。

ということですんなり入場して美術館を堪能しました。
e0079287_12132528.jpg
e0079287_12133856.jpg
このステキな出来事を思い出しながら、今日もほんわか過ごしましょう。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-10-01 12:14 | 2007 イタリア

イタリア 標識

またどんよりしてます・・・。
溜息ばかりついて陰のオーラを放っています。

お天気も良くて週末前のちょっと浮かれた金曜日、こんな人が周りにいるのってどうでしょうか・・・。
「今日はそんな日でした」ということで一応書き記しておきます。

「一人飲み出来るお店でも探そうかな~」といっとき思いましたが、お酒飲むと喋りたくなっちゃいますからね、やっぱり一人で飲んじゃいけません。
あ、最近続けて新丸ビルの屋外テラスみたいなとこで飲みましたが、あそこはイイです。楽しいです。真冬のブルブル震える季節になるまで通いつめたいと思います。

そんな晴れた金曜日、横浜ではオクトーバーフェストが始まります。10月8日までの短いイベントなので是非興味あるかたはどうぞ!
お天気のよい週末は人・人・人で「もう帰ろう~」てなっちゃうそうです。
でもお天気の悪い日は「ビールはちょっと・・・」ていうくらい寒くなっちゃったりもするみたいです。


ということで、今日の私↓
e0079287_11501754.jpg
イタリアで「滑るから気をつけて!」ていうような場所にあったサイン。
こちらは「ここに座っちゃダメよ」↓
e0079287_11511736.jpg

[PR]
by kaoriscafe | 2007-09-28 12:17 | 2007 イタリア

ローマの遺跡

DVDを買って、かれこれ何ヶ月たったでしょうか・・・。そろそろ1年たつでしょうか・・・。
数ヶ月前に初めてDVD「観る」機能を使いましたが、先日初めて「録画」機能を使いました。
「テレビを見る」という選択肢しかないから、家にいるのがつまらないのかもしれません。
(↑ここにDVDは入ってませんでしたから)

来月から普通ゴミの袋が有料になります。
昨日、近所のスーパーに行ったら売ってませんでした・・・。
どこで売ってるんですか???
ヨーカドーには売ってますか???

一人暮らしの私には、小さいサイズでも充分大きいです。
2週間くらいゴミを溜められそうですな!
(溜めませんてば・・・)


さら~っとフィレンツェからローマに移動してます。
ローマの観光名所と遺跡をザザザっと。
トレヴィの泉。街中を歩いてると突如現れるこの泉に、従姉妹が「うわっ」と声をあげてました。
e0079287_1191246.jpg
ここでは後ろ向きにコインを投げるのがお決まりですが、怪しい目をした人がうじゃうじゃしているこの場所で、お財布を開くのはちょっとスリリング。

そうそう、そういえば。
観光名所をザザザっと言いながら話がそれますが、フィレンツェのウフィッツィ美術館を2時間待ちしていた時に、後ろに並んでいた日本人カップルがニコニコと「旅行初日にカバンひったくられたんですよ~」と言ってました。パスポートも所持金も全てパーと。
観光地でバイクにひったくられたんですと。
「まぁ、でも命が無事なら・・・」と話を終えましたが、やっぱりいるんですねぇ、ひったくり。
気をつけなきゃいけません。

カップル女子のほうはとっても可愛い女の子でした。
カップル男子のほうはちょっぴり怪しい風貌で「イタリア人って怪しいよ」と言ってました。
その後無事に帰国されましたか?

んで、お決まりのコロッセオ。
e0079287_11165918.jpg
e0079287_11171120.jpg

フォロロマーノ。
e0079287_11175155.jpg
e0079287_1118495.jpg

夏好きな私でも頑張れない暑さのため、ほぼ素通り。
バテてた母はホテルに置き去り。

オードリー・ヘップバーンがジェラートを食べるスペイン広場。
e0079287_11202665.jpg
アップした写真たちが少し地味な感じなので、食べかけのジェラートを少し。
e0079287_11212517.jpg
食べかけなので小さめに。

この広場で沢山の観光客がジェラートを食べているのを見て、下町育ちの従姉妹が
「これさぁ、浅草でみんなが揚げまんじゅう食べてるようなもんでしょ」と言ってました。
「江ノ島で焼きサザエ食べるのとも同じだね」と返したら
「焼サザエ食べたいなぁ」と。
スペイン広場のイメージぶち壊しの会話です。

注)そんなに誰もが江ノ島で焼きサザエを食べてるわけじゃありません。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-09-26 12:41 | 2007 イタリア

フィレンツェ 美味しいもの

この3連休、神奈川あたりは暑かったのでしょうか?それとも過ごしやすかったのでしょうか?

軽井沢に行ってきたら、震えるような寒さでした。おまけに雨でした・・・(悲)。
一応持っていったフリース大活躍です。着っぱなしです。
調子に乗ってアウトレットで冬服を買ってしまいましたが、戻ってきてみればまだまだ秋にはなっていないようで・・・。

季節の変わり目には、去っていく季節の服装を引きづってる人と、やって来る季節の服装を先取りしまくりの人とが混ざり合って、ちょびっと奇妙な感じですね。

よく「アクティブですね」とか言われますが、家に居て何をしていいのか分かりません。。。
「テレビを見る」以外の時間の使い方を教えてください。
「料理をする」と「ミシンを使う」、そして「妄想をする」は外してください。
そんな私の脳内メーカー診断結果は90%が「疲れ」です・・・。
でもこれって脳内で「疲れてると思い込んでる」ということですよねぇ。


イタリア紀行はまだ終わってませんょ、一応・・・。
ピノキオの街フィレンツェは、いたる所でピノキオの人形が売られています。
e0079287_11414774.jpg
ピノキオ=ディズニー としか浮かんできませんが・・・、
フィレンツェ産まれのカルロ・ロレンツィーニという作家が書いたお話。
Wikipediaによると、ピノキオのお話はピノキオが狐と猫に捕まるところで終わるはずだったらしい。でも人気が出たので続きを書いたそうな。
グリム童話みたいですな・・・。夢の国を作ったディズニーのおかげで、ステキなおとぎ話になっているものも、実話を読んでみると意外と残酷・・・。

以前フィレンツェに行った時に1件だけ「美味しい~」というお店に出会えたので、今回も行ってきました。日本人の店員さんもいるので、安心してメニューの質問もできます。
e0079287_11484484.jpg
旬の乾燥してないポルチーニのソテー(私は乾燥したのが好きですってば・・・)。
e0079287_11492588.jpg
牛肉のバルサミコソース味。付け合せのポテトが美味しいです。
イタリアで食べるポテトは、甘くて味がギュっと濃くてとても美味しい。
e0079287_1150322.jpg
以前も食べたレアチーズケーキ。すんごく美味しいです。「クリームチーズと生クリームと卵白」と言ってましたが、その場合はゼラチンは入れないのでしょうか・・・。

Cafe Biggalo
Via del Proconsoloo, 73/75 r
50122 Firenze
Tel & Fax 055 291403
ランチもやってます
ドォーモのすぐ近くです

チブレオ」という老舗イタリアンのお店もオススメだと教えてもらったのですが、メニューがなくて口頭で言われるだけだというので諦めました・・・。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-09-25 12:25 | 2007 イタリア

フィレンツェ観光バス

また3連休だね~、うひょひょひょと思っていたら、
ギャル子が「また3連休かよぉ、なんかマジでこんなにいらねぇんだけど」と言ってました。
「どっかに献上してぇよ」ですと。「献上したい」割には言葉遣いが相変わらずギャル子ですが。

お友達もいなくて、何をやって過ごしたらいいのか分からないんですと。
その若さでお友達がいなかったら、これからどんどんいなくなりますぞ・・・(経験者からの声)。
誰か遊んであげてください。
いつも「週末何したの?」と聞いてくるので、「何したの?」と聞き返すと
「電球替えた」とか言ってるので。


暑すぎたイタリア、母はバテ気味でしたが私らもガシガシ観光は出来ない状態。
ということでフィレンツェで観光バスに乗りました♪
e0079287_11541888.jpg
あっちぃんだよ、これが。
1階はスチームサウナ、2階はドライサウナ&日焼けマシーン、お好きなほうをどうぞ・・・。
喉が渇いてしょうがないょ・・・。
e0079287_11561917.jpg
でも「フィレンツェいいかも♡」と思えたのはこのバスに乗って色々な場所を巡ることができたから(1日20ユーロで乗り放題)。

*フィレンツェ市街から北に8キロほど行った「フィエゾレの丘」方面を巡るルートと、

*市街から南の「ミケランジェロ広場」方面を巡るルート の2つがあります。

フィエゾレの丘は高級住宅街。
e0079287_1241192.jpg

ミケランジェロ広場からはフィレンツェ市街を一望。
e0079287_1244196.jpg


途中、お正月の江ノ島ばりのこんな集団を見かけたり・・・
ぱらりらぱらりら~~~。(バイクレースですか・・・?)
e0079287_1261685.jpg
e0079287_1262969.jpg
こんなご機嫌なタクシーを見かけたり・・・。
e0079287_127583.jpg
ほら、観光バスって楽しい♪
これでフィレンツェの虜。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-09-21 12:19 | 2007 イタリア

フィレンツェ観光メインのところ

プライベートなことを赤裸々に綴っているブログを教えてもらったので覗いてみたら、読みふけってしまいそうです。やっぱり他人の私生活や心情を覗き込むのって楽しいもんですねぇ。
ヘタなドラマより面白いです。
うふふふふ。


イタリア旅行、写真はたぁ~んとあるものの、コメントはサラサラ出てこないくらい時がたってしまいました。
数日間、日々のつぶやきを載せてる間にベネチアからフィレンツェに移動しました。
ドォーモ↓
e0079287_1112964.jpg
ミラノのドォーモ、バチカンのサンピエトロ大聖堂も主ドームを階段で登って行かれるようですが、こちらフィレンツェも登れます。

前回の訪問時には朝早くから並んで、えっちらおっちら登ったのですが今回は日々の暑さにめげていたので狭い階段を登り続ける気にはならず、「登る?どうする?」なんて話も出ませんでした。

ドォーモの向かいにある扉。この扉の絵がなんらかのお話になっているようですが・・・。忘れてしまいました。
e0079287_1119761.jpg

Ponte Vecchio(ポンテ・ヴェッキオ)↓
e0079287_11225530.jpg
e0079287_1120935.jpg
日本にあるジュエリーショップとは何の関係もありません。フィレンツェのこの橋に行ってもジュエリーショップの本店なんてありません(←前回私は探しましたが・・・)。
ジュエリーショップは「ポンテヴェッキオ・ホッタ」です。「ホッタ」です。「堀田」です。

フィレンツェで最も古いこの橋には家が立ち並んでます。
この橋に金銀細工のお店が並んでいるから、日本の堀田さんもジュエリーショップの名前にしたんでしょうかね。

下の写真だと分かりやすいと思いますが、この橋は川の北側のヴェッキオ宮殿・ウフィッツィ美術館からつながり、川の南側にあるピッティ宮殿まで続いています。
ん?でも今もピッティ宮殿まで続いているのでしょうか。ピッティ宮殿のほうには続く回廊がなかったような・・・。

お金持ちだったメディチ家が暗殺の危険から逃れるために作らせたんですと。
かなり目立つ逃げ道な気がしますが・・・。窓まで付いちゃってるし。
今ではこの回廊には絵が飾られていてギャラリーになってるみたいです(見てませんけど)。

実は前回の訪問の時に、フィレンツェは駅周りがなんだかごちゃごちゃと汚くて、あまり魅力を感じなかったので「別にまた行かなくてもいいや」と今回の訪問の候補には入れていなかったのですが、イタリア初訪問の従姉妹をあまりマイナーなところに連れてってもねぇ、ということでフィレンツェを含むメジャー3都市訪問にしました。

でもでも、やっぱり2度訪れてみると印象が変わることもありますね~。
2度訪問してみて、もう1度行きたいと思いました。街を囲む自然がとてもきれいです。
ベネチアラブですし、ローマも大好きですが、住むならフィレンツェがいいです。
そもそも「住む」という仮定があまりに現実的じゃないんですけどね・・・。

理想としては「仕事の都合でちょっと2年くらい・・・」ていうやつ。
ありえませんけど。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-09-19 12:22 | 2007 イタリア

ベネチアの食べ物(食事編)

昨日の「カンブリア宮殿」を録画した方、又はじっくり見た方いらっしゃいます?
グーグルの社長が出て「グーグル便利な使い方」みたいなのをやってたみたいなんですが、15秒くらいしか見なかったけど、きっと美味しい情報が沢山あったのではないかと。
て、日常で使いこなしてるかたには「へっ」て内容だったのかもしれませんが・・・。

あ、昨日ギャル子はお誕生日でした。転職活動の面接だとかいって休んでましたが、ホントにそれ以外何もなかったようで、日中何度もメールが来ました。「面接終わって暇だよぉ」と。
私は先週の金曜日にお祝いしてあげたので、昨日はそんなメールを受けながらもほったらかしておきましたが、一人で家でビールを6本飲んだそうです。


ベネチアの食事、「美味しい~」て物にお会いできず。
e0079287_11303025.jpg
e0079287_11304758.jpg
魚は見るからに「焼いただけ」ですが、パスタは「美味しそう~」て見えるのに・・・。
どこで食べても割と塩が強め。海のそばだからですか・・・?
“一味足りない”という時になんでもかんでも「塩」なんでしょうか。違う物を足して頑張って欲しいもんです。

ガイドブックにも「地元人に人気」と載っていたし、現地に住む人にも聞いて推薦されたので、前回は「ア・ラ・マドンナ」(リアルト橋の近く)というトラットリアに行ったけれど、こちらも塩がかなり強い。そして人気があるせいか、庶民的な食堂っぽいわりには結構高かったです。

カフェ・フローリアンのアップルパイは相変わらず美味しく。
e0079287_1139382.jpg
初めて訪問したときは、チョコレートと生クリームの味に感動したのですが、今回は冷静に訪問できてしまったせいかあまりの値段の高さにちょっと引いてしまいました。
このケーキと飲み物だけで20ユーロしちゃうんですよ!!!
おまけにサービス料もミュージックチャージもとられるんですよ!!!
ということで3人で90ユーロ弱。
段々になったアフタヌーンティを頼んだわけでもないのにねぇ、一人4500円くらいですか・・・。
「音楽ステキね~」「ケーキ美味しいね~」と必要以上に言い聞かせて値段のことを忘れましょう。

サンマルコ広場の周りにあるカフェでは、だいたいこんな感じで生演奏が。
(注:お席についただけで有料)。
e0079287_11485991.jpg


ベニスでは「illy」のカフェで食べたこのパニーニ(単数形はパニーノでしたっけ?)が一番美味しかったんじゃないかしら・・・。
e0079287_1155221.jpg
野菜たっぷりだし温めてくれるし。

ホテルのお部屋が落ち着く雰囲気なら、スーパーでハムやチーズを色々買って部屋で食べるのもいいかも。
e0079287_1156337.jpg
↑ベネチアで賑わってるスーパー「BILLA」。「COOP」は路地なんかにもぽつぽつありますが、BILLAのほうが明るくて店内が広いです。
[PR]
by kaoriscafe | 2007-09-11 12:40 | 2007 イタリア