フランス予習

昨日帰りの電車の中で「気が利く女性の55の秘訣」という本を読んでいる男性がいた。20代と見えるが、社会人なのか学生なのかは分からないような私服姿。

【この男性がこの本を読んでいる理由】
1.社会学でも学んでいる学生
2.コンサルタントをしていてクライアントからこのテのテーマの依頼を受けている
3.周りの女性に「気が利く女性になるにはねぇ」とただ話したい人
4.気が利く女性のようでありたいと思っている男性

どれなんでしょ。

まぁ、そんなことはどうでもいいとしてフランスでお得なものは色々買ってこなきゃ、と思っているもののうちの1つ。↓ロクシタンのもの。どれもすごくいい匂い。
e0079287_1211731.jpg

初めて使ったのは友達にシャンプーとコンディショナーをもらってから。しかし、もらってすぐに部屋で落として割れてしまった・・・。全てこぼれた・・・。部屋中いい匂い・・・。

お高いから毎日使うのは普通にドラッグストアで買ってるもの。これはたまぁに使うくらい。バラのボディクリームはホントにいい匂い。香水のように強すぎず、自分だけに心地よく香る感じ。ハンドクリームもそんな軽い香りがポワッっとくる。

オーストリアの空港では日本と同じくらいの高額で売ってたんだけど。パリはどうなんでしょ。安いのかしら。私にとってロクシタンの重要度はそんなに高くないので、お得じゃなかったら買ってこないでしょう。
[PR]
by kaoriscafe | 2006-07-28 12:07 | 日常
<< 運動三昧 リンツァートルテ >>