98歳

お彼岸に叔母が亡くなりました。
98歳の大往生。
この年まで一人暮らしをし、数日前まで元気に過ごし、
ちょっと風邪をこじらせて息をひきとりました。

お彼岸に亡くなる、というのはとてもいいことみたいだ、
と親戚中が話していました。
大往生だったせいか、みんな「最後まで元気でよかったね」
という感じでした。

確かに最後まで元気でよかったのだけど、
長生きだったから、とか最後まで元気だったから、
と言って満足いく人生だったと、誰が判断するのだろうと
少し不思議な気持ちになりました。
[PR]
by kaoriscafe | 2006-03-23 16:18 | 日常
<< Oちゃん その① 魯肉飯@中華街 >>