ギャップ

昨日の夜、来月から住む予定の家に向かって不動産屋の若者(男性)と歩いてました。
この男性、いかにもチャラっとした若者。私より7~8歳は若いだろう、きっと。
勝手に見た目で判断すると、だらだらちゃらちゃら生きてるんじゃないの~?て感じで。

あと20メートルくらいでその家に到着というところで、その若者が
「ここから家までの間がちょっと暗いけど、毎日大丈夫ですか?」と言ってきた。
は?何が?と思ってたら、「物騒だから気をつけてください」と。
私、夜道は大嫌いです。決して慣れているわけではないので、自分でも
「この道はダッシュだな」と思ってました。でもでも、こんなチャラっとした
若者が私のような年上女性を心配してくれるだなんて(涙)。
仕事柄それくらい言うのかもしれないけど、ずきんときました、ずきんと。


この家はかなり日当たりがいいのだけど、私が

「あんまり日中いるわけじゃないから
日当たりとか気にしてなかったんですけどねぇ。
でも明るい部屋見たらやっぱりいいな、と思って」
と言ったら、

「大切ですよ、日当たりは。暗い部屋だとかえって自分も暗くなって
そんな居心地の悪い暗い部屋に閉じこもっちゃうんですよ。
でも明るい部屋で“いい天気だな”とか感じたら活動的になれますから」

ですって~。

これだけの会話で、勝手に色んなことを理解してもらったような気になりました。
よっぽど人との交流に乏しい人みたいですね、私。
そんなことないんですよ。
[PR]
by kaoriscafe | 2006-03-10 13:47 | 日常
<< 自己嫌悪 バトン受け取り >>