骨董市@京都

e0079287_130477.jpg京都大好きです。年に4回、1シーズンに1回は行っちゃいます。ふらりと日帰りで一人で行くことも。さすがに泊まりで一人では行かないけど。毎月25日は北野天満宮で骨董市があるので、今回はそこを覗いてきてみました。骨董の知識が全くないので、値打ちがあるものなのか、ガラクタなのかさっぱり分からない物だらけ。外国人旅行者がすごく多くて驚いた。京都のどのお寺よりも多いんじゃないだろうか。私は値打ちの分からない骨董にはとりあえず手を出さず、古着物の端切れを少し買いました。これでカバンでも作ろうかな、と。
e0079287_132943.jpgそしてこちらは永観堂。哲学の道沿いにあります。大好きなお寺。この廊下、前に来た時は入れなかったんだけど、今回は扉が開けられていたので、行ってみたら素敵な空間でした。意外に長い廊下。
そしてその下は南禅寺の山門。ここは京都で一番好きなところ。この上に登って、よく磨かれた古い木の廊下の上に座ってぼーっと景色を眺めていると、気持ちがもやもやしている時もスーっとしてきます。京都に行く時にはずしたことのない場所。へこんでる時に行くと、1時間くらい座ってしまいます。京都のお寺って鎌倉と違って、なんだか偉大で神の力を感じるんですよ。鎌倉はもともと武士の街だったせいか、なんか救われるような気がしないけど、京都のお寺に行くと、心が軽くなる。不思議だなぁ、歴史の力って。e0079287_137125.jpg
[PR]
by kaoriscafe | 2005-09-25 23:46 | 京都あれこれ
<< フルーツタルト どんな人? >>